サスケFC

tavasasis.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

変態仮面と「花子とアン」

「HK/変態仮面」を観ました。(WOWOWで録画しておいたもの)

ここでことわっておきますが、私は決して変態物が好きなわけではなくてですね、
監督の福田雄一氏の作品が好きなだけで、出演者にムロツヨシさんもいて、
興味が沸いただけで、ほんと、変態が好きなわけではありません。ほんとです。

昨晩父さんと途中まで観ていたので、続きを今朝観ました。
いやぁ~、清々しい朝に、
それも朝食を摂りながら観るにはそぐわない内容でした。

その変態っぷりったら、私の想像をはるかに超え、
ひゃーひゃー奇声を上げながら、はたから見ると喜んでんじゃないの?
っていうくらい面白かったです。

でも、決して変態物が好きなわけではありません(ここ強調しとかないと・・・)



その後、父さんを「いってらっしゃい」と送り出し、

さて、ここからは私の楽しみ「花子とアン」の時間。

私は小学生の頃から「赤毛のアン」の愛読者。
e0131506_12582957.jpg
モンゴメリ作、村岡花子翻訳のシリーズはほぼ全部持ってます。

30代の頃にもう一度読み返しました。
子供の頃は、腹心の友ダイアナとの友情や、時折出てくる美味しそうなお菓子、
などに惹かれて読んでいましたが、
大人になって読み返すと、マニラやマシューの愛情が心に響いたり・・・
「アンをめぐる人々」では兄弟愛に号泣したり、子供の頃と共感する部分が違ってたりして、
ドラマで花子がいうとおり、子供から大人まで楽しめる本ですね。

また60代に読み返してみようと思っています。

こんな本も買ってたようです。(中学生の頃)
e0131506_1310079.jpg
発行は昭和54年。

中はこんな感じ。
e0131506_13101282.jpg
挿絵も素敵。

裏表紙を見てびっくり!
e0131506_1311630.jpg


なんと私
e0131506_13131523.jpg
大人になって、雑貨屋さんでこんなの買っていました。
頭の片隅に記憶が残っていたんですねぇ~。

知らず知らずのうちに私は「赤毛のアン」に影響を受けていたんだな~

e0131506_13151174.jpg
“語らいの水辺”へ行く途中の“紫陽花の道”

こうして勝手に名前をつけるところもアンの影響
私の中でアンは実在した少女です。

というわけで今期の朝ドラ「花子とアン」は欠かさず観ています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


てっ!?!



へ、変態仮面が出ている!!!





なんと、あの強烈な変態仮面役を演じたのが、

吉高由里子演じる花子の相手役、村岡印刷(英治)さんじゃありませんか!

その数分前まで変態として見ていた俳優さんが、花子の旦那さん。。。。


あまりにも変態仮面の衝撃が大きかったせいか、ショックでしばらくぼーぜん。
高低差ありすぎて耳がキーンってなるわ!

今にも「ひゅおおおお~」って叫びながら脱ぎだすんじゃないかとヒヤヒヤでした。

その俳優さんのお名前は鈴木亮平さん。

私の中で、とっても気になる俳優さんとしてインプットされました。

ギャップ男子に弱いサスケ母です。


e0131506_13394168.jpg
紫陽花の道にて、久々登場のくるみちゃん。


「変態仮面」面白かったですよ。
でもその後すぐに「花子とアン」観るのはお勧めしません。










by thavasasis | 2014-06-23 13:44 | 映画 本 | Comments(2)

たかしまおてん

世間ではワールドカップでおおいに盛り上がってる中、
我が道を行かせていただきます!

今回もスケートネタ。。。

e0131506_9293840.jpg
横浜高島屋で開催されている 浅田真央23年の軌跡展、 
略して「たかしまおてん」に行ってきました。


e0131506_9313075.jpg
正面入り口


e0131506_932464.jpg
真央ちゃんと一緒に写真撮影コーナー



ここから中は撮影禁止。

入ってすぐ、3,4歳のころ?のバレエを習っていたときの写真が・・・
あまりにかわいすぎて涙が。。。
(すでに一杯ひっかけていたので、涙もろくなってた私)

これまでの演技写真、メダル、それぞれのコメントと共に、実際着用した衣装が展示。

間近で見る衣装はキラキラがいっぱい。

なるほど~、
裾にテグスが通してあって、これがシルエットをきれいに見せてるのね~
とか、

あ~この衣装の時(グランプリファイナル初優勝)、真央ちゃんが好きになったんだわ~

とか・・・・

それより、何より、驚いたのは細っってことでした。

出口にはソチオリンピックの映像を視聴するコーナーもあったんですが、
人がいっぱい。
それも老若男女、年齢層の広さったら!

まさに国民の『宝』

なんだぁ~って改めて思いました。


e0131506_950515.jpg
最近、ネタにされなくて
ひま~なサスケくん。



追記
横浜は終わってしまったけど、新宿店、京都店でも開催されるそうです。

新宿店
■2014年7月24日(木)→8月3日()
■新宿高島屋11階特設会場

京都店
■2014年8月6日(水)→17日(
■京都高島屋7階グランドホール







by thavasasis | 2014-06-16 09:53 | お出かけ | Comments(6)

幕張へGO!

先週の土曜日、幕張に行ってきました。

その目的は
e0131506_16325342.jpg
Fantasy on Ice 2014です。


スケーターは結弦くん、大ちゃん、織田くん、町田くんと、
日本の男子Best4の揃い踏み。
女子は美姫ちゃん、あっこちゃん、佳奈ちゃん、遥ちゃん。
海外から、ランビエール、キャンデロロ、ジョニー・ウィアー、フェルナンデスなど。

このアイスショーの見せ場は、ゲストアーティストのライブとのコラボレーション。
今回のゲストは郷ひろみさん。
一度ライブに行ってみたいと思っていただけに、
私にとっては一粒で2度美味しいみたいな。。。

一番心に残っているのは
郷ひろみさんの「このメロディーだけは」の曲で演技した大ちゃん。
大きなミラーボールが降りてきて、会場がパンフの表紙のように
全体がブルーの照明の中で、ミラーボールが輝き、まるで夜空の中を滑っているよう。
観ていて目頭が熱くなりました。
e0131506_1793118.jpg
思わず涙を拭いてしまったD1skバナータオル。

実は3階席だったのですが、これはこれでリンク全体が見渡せ、
曲、照明が大ちゃんの演技をさらに引き立たせ幻想の世界。
この演技は3階席で良かったかも♪


遥かちゃんと佳奈ちゃん、
いつの間にそんなに大人っぽくなったの?
って思うくらい今までと印象が違って、今シーズンが楽しみです。

あっこちゃん、
もちろんスケートも素敵だけど、衣装が素敵だなっていつも思う。
今回もややハイウエストなフレアーが演技を引き立たせていました。
あっこちゃんの衣装を参考にバナーも作ったことも。
フィギュアスケートって、曲を表現するには衣装も重要な要素ですものね。

そしてセクシーな演技といえば・・・
ランビエール様。大ちゃんとはまた違う、もっと大人を感じさせる演技でした。

後半で滑った大ちゃんの新しいEXナンバーは
ロミオ&ジュリエットの「I'm kissing you」
ラストのポーズで対岸の向こうから大きな悲鳴というか、絶叫というか・・・
こちらからは後姿しか見えない。

帰ってから録画で確認したら。こんなんでした。
e0131506_17211361.jpg

e0131506_1721255.jpg
目の前でこんな顔されたら私はどうなってしまうのでしょう。
是非一度体験してみたい。

最近ツボにはまったこのお写真。
e0131506_17113256.jpg

えっと・・・上の写真と同じ人物でしょうか?
そういう認識でよろしいでしょうか???
なんなの?このオンアイスとオフアイスのギャップ。

e0131506_17121323.jpg
真似して撮ってみたよん。

どっちがかわいいか? んんんん~甲乙つけ難し!!!


さてさて、わんこブログなのにここんとこスケートネタが続いておりまして、
申し訳ございません。

でも大ちゃんはファンの間では“わんこ”と呼ばれております。

“わんこ”つながり・・・ということでご了承ください。










by thavasasis | 2014-06-10 17:33 | 大ちゃん | Comments(6)

殿下

我が家で「殿」といえば・・・
e0131506_11242851.jpg
サスケです。

さて、ここで問題です。
フィギュアスケートで「殿」といえば・・・・・・




織田信成くん。




ですが、




「皇帝」といえば・・・



プルシェンコ選手。


ですが・・・(しつこい?)




それでは「殿下」といえば?
誰でしょう。




答えはカザフスタンのデニス・テン選手。




そのデニス選手がですね、自国でアイスショーを開催したんです。

日本から呼ばれたのは、我らが大ちゃんと真央ちゃん。

その他にはジュベール選手、ステファン、ライサチェック など層々たるメンバー。

しばらくその様子をtwitterで拝見しておりました。

最近の口癖は「あ~、カザフスタン行きたい!」です。
それまで、カザフスタンが地球のどのへんにあるかも知らなかったのに・・・


ショーの見所は、各選手のソロはもちろんですが、

ライブでのドラム演奏で、大ちゃんとデニスくんのステップ対決。
動画で拝見したら、素敵すぎて目頭が熱くなりました。
もう何回リピートしたことでしょう。

そして何より嬉しいのは、ホスト役のデニスくんの心づくしおもてなし。
大ちゃんも真央ちゃんも楽しそうで、カザフスタンを満喫してるなぁ~って
お写真がたくさん。


そんなカザフスタンのショーを素敵にまとめて下さったブログがこちら

「写真でイスラーム」

是非、是非、ご覧になって!

ほんとカッコイイから! 

e0131506_11454484.jpg




殿下、大ちゃんと真央ちゃんを呼んでくれて、素敵なショーをありがとう。
私は想像の翼を広げ、心はカザフスタンでした。

今度は是非、日本のショーにも来てください。
by thavasasis | 2014-06-03 11:54 | 大ちゃん | Comments(4)
line

犬と歩けば           ~サスケとくるみ~


by thavasasis
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite