サスケFC

tavasasis.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ふたりの変化。

週末にお兄ちゃん夫婦とお姉ちゃん一家(4人)が
くるみちゃんの8歳のお祝いに集まってくれました。

e0131506_23382533.jpg


e0131506_024426.jpg

       くるみに自分のおやつをあげようとするギャンガー

e0131506_0245755.jpg

       「せっかくだけど、ラムネは食べちゃいけないって、お母さんが・・・」


狭い我が家に総勢8人と2匹。

わいわい、がやがや、子供たちはギャーギャー、ワーワー、
とっても賑やか!

宴もたけなわ8時頃、くるみちゃんが「ワン、ワン」と玄関へ向かって吠え始めました。

ん?

こんな時間に何だろう?

「チャイム鳴った?」 「ううん」誰もチャイムの音は聞いてないと言う。

また、くるみちゃんの勘違い?

くるみはよく、お向かいさんの車の音に反応したり、
TVのチャイム音に反応したり、とにかく勘違いが多い。
何度、くるみの「ワンワン」に騙され、ドアを開けたことか!

「しょうがないなぁ~、くるみは!」と言いつつも、
一応ドアを開けたら・・・

新聞の集金の人が立っていました。

すごい!くるみちゃん。我が家の番犬!
誰一人としてチャイムの音に気が付かなかったのに!
くるみちゃんだけが、気が付いてくれたんだね。

       その時、サスケはというと・・・
e0131506_23324862.jpg

       お嫁ちゃんにマッサージしてもらって、デレデレ。
       我が家で一番頼りになるのはくるみちゃんかも~。


その後、みんなからもらったプレゼントと一緒に記念撮影。
e0131506_23362115.jpg
(真ん中のペンギンは、行きつけのペットサロンの方に頂きました)

       あれこれセッティングしながら撮影していると、サスケがやって来ました。
e0131506_23393067.jpg


       先にサスケが寝ているところにくるみが来るということはあっても、
       くるみがいるところに、サスケが来るのはほとんどありません。

       珍しいこともあるもんだ、と思っていると・・・
e0131506_23442386.jpg

       くるみのとなりにどかっと座ると、いきなりオモチャで遊び始めました。
       新しい物は何でも、まず自分が試さないと気が済まないサスケくんなのです。


e0131506_23533319.jpg

       くるみちゃん、そこは怒ってもいいんだよ。


くるみは8歳になっても、元気いっぱいで、みんなに若い!若い!って言われます
初めて会う人には「まだ子犬ですか?」って聞かれることも・・・

そんな衰えを知らない、アンチエイジングなくるみちゃんが、
歳をとって、ひとつだけ変わったことがあるとすれば、
性格が丸くなって優しくなったってことかな。。。

e0131506_010421.jpg

       その分、サスケがずうずうしくなってる気が・・・


e0131506_073793.jpg


何はともあれ、仲良しなのはうれしいことです。
by thavasasis | 2010-08-31 00:33 | サスケとくるみのこと | Comments(4)

くるみ美の秘訣

これは何でしょう? 毛玉?
e0131506_2395846.jpg

簡単ですね。 答えは・・・
e0131506_23113693.jpg

サスケくんのくるくる尻尾。

いつもは固く2回巻きで、お尻の上にちょこんと乗ってる尻尾が、
寝ている時とか、リラックスしている時ちょっとだけ緩みます。
その緩み具合が、これまたかわいい016.gif
サスケくんのチャームポイントであります。

で、くるみちゃんのチャームポイントはこちら・・・さて、どこでしょう?
e0131506_23191017.jpg


答えは・・・
e0131506_2320510.jpg

私、くるみちゃんのここが大好きなんです。

だって、美味しそうでしょ?
e0131506_23211755.jpg

鈴カステラみたいで・・・

なんかね、くるみちゃんのはっきりしたコントラストのこの部分を見るといつも、
「鈴カステラ」を連想してしまって、「食べちゃいたいくらいかわいい~」016.gif
って思うんです。

そんな鈴カステラなくるみちゃん、
8月25日で、8歳になりました~024.gif

私最近思うんです。

くるみちゃんて、赤柴としてすごくきれいな色してるなぁ~って・・・
ツヤもあって、ほんとにいい毛並み♪
e0131506_23365263.jpg

もうね、ツヤツヤ、キラキラ。

若い頃はそうじゃなかったんです。今より暗めの色で、ツヤもイマイチ。
むしろサスケのほうが、淡いハニーブラウンで毛質も柔らかく、
白毛の部分なんか、光が当たるとキラキラ光って、ほんとにきれいで、
くるみはサスケの引き立て役みたいな感じでした。

それが今じゃ、立場逆転。
サスケは6歳の頃から白髪が目立ちははじめ、ツヤもなくなって来たのに比べ、
くるみちゃんは年々、毛色が明るくなり、
ヘアカラーでいうと、マロンブラウンから、オレンジがかったキャラメルブラウンになった感じ。
e0131506_23564790.jpg


毛玉にするこ、こう。
e0131506_005343.jpg


毛並みがツヤツヤ、キラキラなくるみちゃん。
人に例えると、アラフォーなのにお肌は20代!みたいな・・・
「やだぁ~、お肌きれ~い! ねぇ、ねぇ、化粧品何使ってんのぉ~」
って、思わず聞きたくなる・・・みたいな。。。

歳を重ねるごとに、美しさが増していくくるみちゃん。
有名人に例えると、黒木瞳さん、真矢みきさん、石田ゆりこさん・・・みたいな。。。

いつまでも若々しくて、ほんと羨ましい。

くるみちゃん、その秘訣はなあに?
e0131506_0235022.jpg


くるみは、ほんとうに水を良く飲みます。

e0131506_0255995.jpgあまり水を飲まないサスケの為に、
我が家では朝食後に“ペットスウェット”を
60ccくらい、それぞれの器に入れてあげてるのですが、

サスケは飲みきれないのに対し、
くるみはこれを飲み干したあと、
さらに共用の器に入れてある水を飲みます。




やっぱり、行き着くところは水?


健康にも、美容にも、やっぱり基本は“水”なのね!


最後にビューティーアドバイザーのくるみちゃんから、一言。
e0131506_047387.jpg



うん、お母さん頑張る!

くるみちゃんも、ずっと、ずっと、元気でいてね。
by thavasasis | 2010-08-27 00:53 | くるみのこと | Comments(11)

賢いゴローちゃん。

私が犬に追いかけられ死ぬかと思う程の怖い思いをして、
危うく犬嫌いになりそうになったのを救ってくれたワンちゃんがいます。
そのワンちゃんとの出会いがなかったら、私はきっと犬嫌いのままで、
「犬を飼おう」とお父さんに言われた時も大反対したことでしょう。

むかし、むかし、四半世紀も前の話です。

当時住んでいたアパートの近くに、食料品やお酒、雑誌まで売ってて深夜1時まで営業している家族経営の小さなお店がありました。お店の名前は「えびすや」
そのお店の看板犬が、シェパードMIX犬の、いかにも賢そうなゴローちゃん。

e0131506_2255672.jpg
よく「賢そう」と言われるサスケ、
ゴローちゃんはサスケをもっと精悍にした顔立ちで、硬派な感じ。
そして「賢そう」ではなくて、ほんとうに賢いワンちゃんでした。

私が行くといつも、レジ奥から出てきて「いらっしゃい」とばかりに
顔を見上げて挨拶してくれるのです。なんだか心が通じてるって感じがして、
私の犬に対しての警戒心をなくしてくれたのです。

いつもは吠えることなんて、ほとんどない穏やかなゴローちゃん。
ところがある日、レジでおばちゃんと話していると、
奥の方でゴローちゃんが、もの凄い勢いで吠え始めました。
何事ですかと、心配になって尋ねたら、
おばちゃんが小声で「酒屋の集金の人」って教えてくれました。
「お客さんには吠えないけどね、集金の人とかには吠えるのよ」と、ちょっと誇らしげ。


またある日のこと、そのお店に寄ろうと信号待ちをしていると、
横断歩道の向こう側に一匹のワンちゃんがひとりでいました。
信号が青になり、歩道のちょうど中間あたりでそのワンちゃんとすれ違った時、
「あれっ、今のワンちゃん、えびすやさんとこのゴローちゃんでは?」と振り返ると、
そのワンちゃんも、私の方を振り返りつつ
「あれっ、今の人、うちのお客さん?」って顔で私を見てたような・・・。
人と人の場合もそんなことってありますよね。まさにそんな感じでした。


お店に着いて、おばちゃんに
「さっき、そこの横断歩道でゴローちゃん見ましたよ、ひとりで歩いていました」と言ったら、

「あっ、そうそう、時間になるとひとりで散歩に行くのよ」とおっしゃいました。

「へぇ~、すごいですね!ちゃんと信号待ちもしてましたよ」

「そうなのよ、ひとりでも大丈夫なの。その辺くるっと回って帰ってくるのよ」

ひとりで散歩に行くなんて、しかもちゃんと信号待ちもするなんて!
その時もびっくりでしたけど、私も飼い主になった今思うと、とても信じられません!


いいなぁ~、たまには我が家も自分達だけで散歩行ってくんないかなぁ~。

「サスケ、くるみ、お母さんね、今日ちょっと忙しいから自分達だけで散歩に行ってね」

「うん、わかった!いいよ!」

「ほんと?助かるわぁ~」

「じゃあ、行ってきま~す」

「車に気をつけてね~ 拾い食いとかしちゃダメよ~」

「は~い!」

・・・・・・・・・・・・・・・そして40分後・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ただいま~」

「おかえり~ 散歩、どうだった?」

「うん、ももちゃんのお母さんに合って、『ひとりでお散歩なの?偉いわね~』って言われたよ」

「そう、良かったわね」


・・・・・・・・・・・・・・・・なんてね・・・・・・・・・ ムリ、ムリ! 絶対ありえない!


仮にサスケがひとりで散歩に行ったら・・・
e0131506_23411524.jpg

散歩が嫌いなサスケのことだから、一番近くの公園(徒歩3分)まで行ってベンチで時間を潰し、頃合いを見計らって、あたかもたくさん歩いて来ました~みたいな顔をして帰ってくるのが関の山。
あの頃は、まさか散歩が嫌いな犬がいるなんて、夢にも思わなかったよ・・・・
by thavasasis | 2010-08-20 00:01 | 私のこと | Comments(7)

あんときゃ、怖かった~。

世の中には犬が嫌いって方もいらっしゃいます。
その理由を聞きますと、過去に犬に吠えられたとか、咬まれたとか、踏まれたとか、
怖い経験をされた方が多いようです。

今でこそ、愛犬家のはしくれ、親ばか街道まっしぐらな私ですが、
若い頃、危うく犬嫌いになりそうになった経験があります。

むかし、むかし、四半世紀も前の話です。

当時アルバイトをしていたお店で、宣伝チラシを家々のポストに入れる事がありました。
あの頃は今よりもちゃんと番犬の役割をしていた犬が多かったように思います。
なので、私がポストにチラシを入れようとすると、いきなり塀の影から
ワン、ワン、ワン、ワン!
と吠えられ、その度に寿命が縮まる思いでした。

怪しい人が来たら吠えて飼い主に知らせるのは、彼らの任務であるわけで、
ちゃんとリードに繋いであるし、門扉も閉まっているのでそれ以上のことはありません。
そう思って、吠えられるのにビクビクしながらも、チラシを配っていました。


そして、あるお宅にチラシを入れようとした時のこと。
ワン、ワン、ワン、ワン!
と吠えられました。
柴犬とレトリバーの中間くらいの雑種犬です。

見ると、門扉は開いてる!

しかもノーリード!!!!!

ワン、ワン、ワン、ワン ガウ、ガウ、ガウ!
と牙を剥きだしもの凄い形相で追いかけて来ます。

私は必死で逃げました。

逃げて、逃げて、逃げて! 空き地へ入り込み、さらに追いかけられ、

私は行き止まりに追い詰められてしまったのです。

尚も、犬は今にも襲い掛からんと牙を剥きながら吠え立てていました。

こんな感じ
e0131506_22572190.jpg
って、これじゃ怖さは伝わりませんよね。これの100億万倍怖かった。

万事休す、私の人生もこれで終わり。
お母さん、先立つ不幸をお許しください・・・って思いました。

ああ、明日の新聞の地域版のはじっこに「女性店員、犬に襲われる」って載るのかな~。
こんな私でも、ちゃんと「美人店員」って書いてくれるかな~とか、

ああ、明日のバイト、誰かに替わってもらわなきゃなぁ~とか・・・

時間にしてどれくらいだったでしょう。
たぶん、数十秒の出来事だったと思いますが、
その僅かな時間にいろんなことを考えていました。

そして、いよいよ一巻の終わり!って覚悟した時!

「お~い!タロー(仮名)!」
と飼い主さんが呼び戻してくださったのです。

呼ばれたタロー(仮名)は、私の方を振り返りながら
「今度合ったら覚えとけ!」みたいな顔をして、渋々飼い主さんの方へ去って行きました。

助かった~。ほんと九死に一生を得た気分でした。。。




ん???   って・・・

ちょっと待て!あの時の飼い主さん!

そこはひと言、私に謝るべきでは???
自分の愛犬が他人様に怖い思いをさせたのですよ!


ちょっと待て!あの時の私!

何、お礼なんか言っちゃってるのぉ~~~!
「(危ないところを助けて頂いて)ありがとうございます」だって~~~!
ばっかじゃないのぉ~。

もうね、うちのサスケちゃんが他人様にそんなことしようものなら、
わたくし、平謝りですよ。
菓子折り持って、お宅までお詫びに伺わせていただきますよ!

それにしても、あんときゃ怖かった~。

e0131506_23523935.jpg
最近の犬は大人しい子が多い?


で、なぜそんな怖い思いをしたのに犬嫌いにならなかったのか?
それは、また次回♪
by thavasasis | 2010-08-14 00:25 | 私のこと | Comments(6)

褒めてあげたい

連日の記録的な猛暑でバテバテなサスケ母です。
夏が苦手なサスケくんもさぞかし堪えているだろうなと思ったら、

意外や意外!サスケくんは元気です。
e0131506_0161539.jpg
e0131506_017669.jpg

       勢い余ってくるみを追い越すくらい元気!


ここ数年、夏になると元気がなかったサスケくん。  → 去年の夏
ハリキリパワーガールのくるみは例外として、犬は夏が苦手なもんだと思っていました。
ましてやサスケは高齢犬にさしかかっているのだし、
年々、夏の暑さが堪えるのは仕方がないのかなと半ば諦めていたんです。


ところがどうでしょう!今年のサスケくんは違います。
e0131506_037497.jpg

       くるみに負けじと走って来ます。(くるみからボールを奪う勇気はありませんが・・・)

e0131506_0394049.jpg

ごほうびのおやつを待ってるところ。
この時のくるみの笑顔が可愛かったので、くるみだけ単独で撮ろうとカメラを構えたら・・・

e0131506_0412889.jpg




図々しくも、ぐぐぐっと間に割り込み
邪魔をするサスケくん。

「そんなことより、早くおやつくれ!」
とでも言いたいのか?

それとも、
くるみだけっていうのが不満なのか?

何はともあれ、
元気に越したことはありません。



サスケの元気の源は、やっぱりこれ?
e0131506_22344377.jpg

100%果汁のリンゴジュース。

冬にりんごを頂いた親戚から、夏にはリンゴジュースを頂きました。
サスケにりんごを食べさせていた時、元気だったことを思い出し、
ジュースもいいかもしれないと、時々あげています。
(とはいえ、糖分が気になるので2,3日に一度、30ccくらいですが・・・)

e0131506_22434825.jpg

やっぱりりんごは犬にもいいのかな?とサスケの様子を見ててそう思います。
でも、検索してみると、どこにもそんな事例はないんだよなぁ~。

あっ、そうそう、もうひとつ良いことが・・・
サスケは毎年梅雨から夏の暑い時期にかけて、肉球と肉球の間が腫れて赤くなり、
“靴下をはいた犬”になっていたのですが、今年は大丈夫みたいです。
いつもみたいに肉球をカジカジする様子も見られません。


なんか、今年のサスケくんは優秀だわ~。褒めてあげたい。
e0131506_2363235.jpg


この調子で、残りの夏も乗り切ろうね!
by thavasasis | 2010-08-07 23:24 | サスケのこと | Comments(7)
line

犬と歩けば           ~サスケとくるみ~


by thavasasis
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite