サスケFC

tavasasis.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:サスケのこと( 150 )

楽しかったね。

今日は月命日

サスケのいない一日はとても長く、
それでいてサスケがいた日々は昨日のことのような。。。
長いようであっという間に過ぎた一か月でした。

私がブログを始めたのはサスケが7歳の時。
今日はその前のちょっとお出かけした時のお写真を。。。
e0131506_10571260.jpg
サスケが4,5歳ころの写真です。とても天気が良くて、誰もいない河川敷でボール遊びしました。
e0131506_10575036.jpg


e0131506_10572938.jpg


e0131506_10583153.jpg
勢い余ってボールを置いて行っちゃうサスケ。

e0131506_10585338.jpg
気が付いて戻ってきたサスケ。

e0131506_23495142.jpg
たくさんある写真の中から、父さんも私も「これが一番いいね」と意見が一致した一枚。
楽しそうで嬉しそうに私を追いかけてるサスケ。


楽しかったね。
by thavasasis | 2016-12-07 11:12 | サスケのこと

冬の風物詩

54年ぶりの11月に雪が降ったという今日、
寒くてヒーターを出しました。


e0131506_18142664.jpg
ヒーター前をいつも占領していたサスケ。
そんなに近くで熱くないの?って心配するくらい。
でも、気持ちよさそうなこの顔見るのが大好きでした。

時に、サスケがテンション上がってどうしようもない時、
ヒーターのスイッチを入れるとおとなしくなることも・・・


それくらいサスケはヒーターが大好き。


e0131506_18194584.jpg
熱くなって鼻が乾いてくるのを防ぐためこんな姿も・・・

我が家の冬の風物詩。

サスケ~ ヒーターを出したよ出ておいで~~~
by thavasasis | 2016-11-24 18:23 | サスケのこと

サスケ、旅立ちました。

私の大切な大切な宝物サスケが
11月7日午後6時、虹の橋へと旅立ちました。

6日の朝までは普段通り散歩をし、ごはんもちゃんと食べたのですが、
その数十分後急に具合が悪くなり、病院へ連れて行きました。

これまで幾度も危険な局面を克服してきたサスケ。
今回もきっと元気に回復してくれるものと信じ、
一縷の望みにかけて祈るばかりでした。

病院の先生もできる限りのことをしてくださいましたが、
それも及ばずサスケは力尽きてしまいました。

前日まではすごく元気だったんですよ。
父さんと家の中ではしゃぎわまるサスケを見ては、
「ウチのあばれる君」って呼んでいたんですから。

だから、15歳過ぎたら何が起こっても不思議ではないと思いつつも、
まだまだサスケは大丈夫。きっとみんながびっくりするくらいに長生きすると
思っていました。

それがこんな、急に逝ってしまうなんて・・・

今となっては、あの時あ~すれば良かった。こうすれば良かった。。。
私にはいつもと変わらずに見えたけど、
ほんとはどこかにあったサインを見逃してしまったのではないか。。。
そんな後悔が次から次へと頭の中を駆け巡っています。

良かったと思うことは6日の晩、夜通しサスケに寄り添い最後の看病ができたこと。
サスケが闘病で苦しむ時間が少なかったこと。
最後まで親孝行な子でした。

実はまだ、さよならを言えてません。
だって、まだ側にいる気がしてならないのです。
ドアを開ければ、サスケが寝ててむくっと顔だけ上げる気がするし、
私が椅子に座ってて、ふと振り返ればサスケが居そうな気がするのです。
こんなんじゃ、サスケ成仏できないよね。
ごめんねサスケ、母さんの最後の我が儘許して、
もう少し、もう少しだけ側に居て。

e0131506_11261114.jpg
最後の写真(4日)
私にだっこされてるところです。
ねっ、鼻の頭がツヤツヤで元気そうでしょ?

今までありがとうサスケ、一緒に過ごした15年と6か月は
まちがいなく、私の人生の中で最高に幸せな時だったよ。
by thavasasis | 2016-11-09 11:31 | サスケのこと

ええかっこしい

ここ数日ですっかり涼しくなって
サスケくん絶好調です。

夏のよろよろ歩きがうそみたいに足取りが軽いです。
今日なんて、公園3つはしごしちゃいました。
e0131506_8423770.jpg
お散歩で会ったワン友さん。

でも急にそんなに歩いたら疲れちゃうかもって、
帰りは抱っこしようと思ったっら、

ウ~ ワワワン!! 

って怒ったんです。

「何すんだよ~ 抱っこなんかいらねーよ!」みたいな。

え~~~っ! 

いつもは私が手を差し伸べると「待ってました!」とばかりに
ひょいと腕に乗って来るじゃない。

はは~ん、

ひょっとして、後輩くんや女子の前で甘えた姿を見せたくなかったのね。

ワン友さんと別れたところで抱こうとしたら、
素直に乗ってきたもんね。

サスケって意外と

「ええかっこしい」なのね。。。
e0131506_8512589.jpg


この、見栄っ張りめ。
by thavasasis | 2016-10-11 08:55 | サスケのこと

サスケ、たくさんの激励を受ける。

サスケが前庭疾患を患ってから、散歩はサスケとくるみ別々に行ってます。
歩くスピードも、歩ける距離も違うから。
e0131506_12261114.jpg


くるみは通常どおり、朝夕の2回、公園をぐるり。
サスケは家のまわりをぐるり程度。でも朝夕の他にイレギュラーで行くことも多く。
一日3,4回の散歩です。

だから合計、一日5,6回は散歩に行ってます。

やっと涼しくなってきて、秋の長雨も終わり、
久々にサスケを公園まで連れて行きました。
e0131506_12344220.jpg
久々に草の香りを堪能するサスケくん。

すると、公園ではいつもくるみしか連れてなかったので、
サスケのことを心配してくれていたお散歩仲間の方たちから、


「お~サスケくん、元気そうに歩いてるね~」

「サスケくんは、いくつ?」

「15歳です」
 
「お~そうか、うちのはね17歳まで生きたよ。
サスケくんその調子だったら、まだまだイケるよ、頑張れ!」

「あっ、サスケセンパイ、元気そうですね~」
e0131506_1243335.jpg

その後、サスケがお尻を嗅ぎに行った時、

「サスケせんぱいに嗅がれるなんて、光栄ですぅ~」
「頑張ってくださいね~」

などなど・・・たくさん激励をいただきました

気がつけば、サスケはこの辺りでは年長者。

レジェンドって呼んでもいいですか?
e0131506_12581517.jpg

by thavasasis | 2016-09-27 12:59 | サスケのこと

サスケの飼い主の起こし方講座

サスケ現在15歳と6ヵ月。年齢と共に母さん(私)起こし方が進化しています。

7歳の頃は、私の枕もとでヒンヒン鳴いて、かわいかった起こし方。


それでも朝が弱かった私は、サスケの可愛い攻撃にも慣れて
これくらいじゃ起きなくなって・・・

するとサスケくん、今度は「母さんを困らせる」作戦。
それは・・・

障子をバンバン叩いて、破るという
校舎の窓叩き壊してまわったみないな、グレた行動に出ました。
サスケ8歳、反抗期でしょうか?

それをやられると「わ~っ!ダメ~!」ってがばっと起きていたのですが、
時すでに遅し、障子には見事な穴が。。。

張りなおしては破られ、張りなおしては破られ、あの頃は大変でした(涙)
あ~あの可愛い起こし方をしていたサスケはどこへ行ってしまったの。

苦肉の策で障子紙をプラスチックに替え一件落着。
e0131506_7235743.jpg
破れなくなってしょんぼりサスケくん。

さて、その反抗期を過ぎて今度は、「愛のベーゼ、カラミーヤ」作戦。
とにかくしつこく、激しく、時に優しく、サスケのキスの嵐。
その愛の重さに耐えられず起きる・・・というパターンでした。

それでもどうしても起きられない時、布団を頭まで被って応戦することも。

その時サスケくんは考えました。
「何か音を出せば母さんは起きるんじゃないだろうか」と。
「母さんが一番反応する音は何だろう」と。
そこでサスケがとった行動が、
e0131506_744732.jpg
ガラスの器を手でカンカンカンって叩く音。
これね、これっ、効果覿面!

そこで水入れを叩く方法が一番だと気が付いたサスケくん。
その日も夜中に水入れを「カン、カン、カン!」からのガシャーーーン!
水入れをひっくり返したんです。
私はただ単に水がないよ~と知らせたくて水入れを叩いてたら勢い余って
ひっくり返しちゃったのかなぁ~と思って
寝ぼけ眼で元に戻そうとしたら・・・あたり一面水浸し。!!!


一気に目が覚めました。
この時のサスケの心境「いい加減起きやがれ!このやろう!」
一徹がちゃぶ台ひっくり返すような感じ?
ああ、再びの反抗期? 
かわいい → 反抗期 → カラミーヤ → 一徹!

こうしてサスケのあの手この手で生まれた新技
「一徹ひっくり返し」が誕生したのでした。


あの「ヒンヒン」鳴いてかわいく起こしていたころが恋しい。。。

e0131506_874768.jpg
母さん起こすのは一苦労だよ。
 by サスケ。
by thavasasis | 2016-09-08 08:10 | サスケのこと

ついに目撃!

連日のメダルラッシュで涙、涙、そして寝不足のタバサです。
いやぁ~、改めてアスリートって素晴らしい。


e0131506_634819.jpg
こちらはくるみちゃん。
オリンピックに「拾い食い」って種目があったら、間違いなくメダル候補。

そんなくるみに比べると、落ちてる物には手を出さないサスケは
とてもおりこうに思えるでしょ?

でもね、実はサスケくん、「盗み食い」が得意なのです。

これまでも何度かあったんですよ。
たとえば、テーブルの上に食事を並べ終えた時、宅配便が来たりして
その場を離れて戻ってくると、何かしらなくなっているという。
サスケが首を伸ばしても届かない位置に置いたなずはのに、
どうして目的の物だけ皿をひっくり返す事無く取れたのか不思議だったんです。
e0131506_6502040.jpg
(きれいにゆで卵の白身だけなくなってる写真)

その謎がついに解けました!
私はその計画的かつ巧妙な手口を目撃したのです!!!


先日の父さんが飲み会ということで、私一人の夕飯を食べていた時の話です。
隣で物欲しそうに座ってたサスケくん、
私を手や鼻でツンツンして欲しいアピールするも無視していたら、
今度はランチョンマットの端を鼻先でツンツンしはじめ、
次に噛み噛みしはじめたので、
「あれつ、何か食べこぼしでもあったか?」なんて思ってたら・・・
なんと、ランチョンマットを噛んで、そのままつーーーーっと引き寄せたたのです。

あ~そっか、この方法で今まで盗み食いに成功してたのか!


e0131506_6304880.jpg
笑ってごまかすサスケくん。

サスケとくるみ、どちらもくいしんぼう金メダル!
by thavasasis | 2016-08-19 06:44 | サスケのこと

怒りの猫

もう、めちゃめちゃ野良猫さんに怒られてしまいました。
先日夜中にサスケと散歩へ行った時の話です。

公園の端の草むらのほうを歩いていたら、
暗くてよくわからなかったんですけど、
何者かが「うぎゃーー」と声をあげて逃げて行ったんです。

どうやら野良ネコがそこで休んでたようで、
そこへうっかりサスケが行ってしまってびっくりしてその場から逃げたみたい

さらに、びっくりさせただけならまだしも、
サスケくんったら、その野良ちゃんが寝ていた場所でウンチング。

近くの塀の上に逃げた野良ちゃんはそれがよっぽど頭にきたのでしょう。

塀の上からずっと文句言ってました。

いやぁ~、あれですね。

猫も本気で怒ると、「ニャーッ」でもなく「シャーッ」でもなく、

なんだか犬が唸るような、地の底から這いあがるような声を出すんですね。

そんな猫の声初めて聞きました。

そりゃ、誰だって寝床で誰かがうんPしたら激怒しますよ。

そんな野良ちゃんを気にすことなくことを済ますサスケに
「ごめんね、ごめんね、うっかりうんPしてごめんね」と土下座でもしたい気分の私。

サスケの用事がすんで、そこを立ち去る時も野良ちゃんはずっと
塀の上から

#$%&~、$#&%#~ #%&$*~ (文字では表せない声)

と唸り続け、その声を背にして「ごめんね~ごめんね~」と心で唱えながら
私とサスケは逃げるようにその場を立ち去りました。

e0131506_8104710.jpg


e0131506_8105952.jpg


e0131506_8112115.jpg


e0131506_8114870.jpg


e0131506_812044.jpg


e0131506_8121756.jpg



ほんと、ほんとに、ごめんなさい。

(注*写真は当の野良ちゃんではなく、以前に撮った写真からイメージで選びました)


にしても近い、近すぎます写真の猫ちゃん。最後は顔にピントが合ってない。
by thavasasis | 2016-06-25 08:19 | サスケのこと

突然の病気

それは突然でした。
e0131506_11434231.jpg

前日まで飛び跳ねて走っていたくらいなのに、
翌日の夕方散歩に行こうと寝ていたサスケを起こしたら、
右へ左へ大きく体を揺らし足元もふらふらして立つことも出来ない状態になったのです。

次の日病院へ連れて行きました。
発覚した病名は前庭疾患。

耳の奥、前庭に異状をきたし、
激しい目眩に襲われ立っていられなるというものです。

先生の話だと前庭だけならまだ良いのですが、
サスケは高齢の為、さらにその奥の脳にまで疾患がある可能性もあるとのこと。
できればMIRの検査をして詳しく調べ、その上で治療方針を決めるのが得策。

でも、MRI検査をするには全身麻酔というリスクがあって、
これまた高齢のサスケには負担が大きい。

考えた結果、薬で少し様子をみることにしました。
それで改善しないようならMRI検査。またはステロイド投与になります。

それで薬を与え始めてから3日がたつんですけど、
1日目は私達が手で補助してあげればふらふらしながらも歩けるようになり、
2日目、ふらつきはあるものの元気が出てきて自分で歩こうとするように。
3日目、自分が病気であることの自覚がないらしく、昨日よりさらに動きまわる。
でもふらつきはある状態。小走りやバウポーズのするようになり、
人間でいうと、歩き始めた赤ちゃんみたいで、かえって目がはなせないのです。
ふらついて転んで骨折しては大変!

でも、確実に快復しているようで一安心しています。
e0131506_12134126.jpg
こんな笑顔が見られる日も近いかな。。。

ところで私、サスケを病院へ連れて行った日はすごくいい天気で、
汗ばむくらい今日は暑いなぁ~と思っていたんですよ。
普段は汗っかきなほうではないのに・・・

家に帰って暑いからTシャツに着替えようと思って、
ワンピースを脱いだら、その下からまたワンピースが!
まさかのワンピース オン ワンピース。    なるほどね。

どんだけワンピース好きやねん!



まっ、それだけ冷静を装いつつも、気が動転していたってことですね。


e0131506_12254921.jpg

by thavasasis | 2016-05-16 12:26 | サスケのこと

健康第一だからね。

e0131506_108292.jpg

せっかくの桜なの時期なのに、雨ばかりで残念だったけど、
やっとにいいお天気になりましたね。
お散歩も気持ちがよかった^^

先週の週末は毎年恒例のサスケのBirthday Partyでした。

でもサスケくん、去年の誕生日にごちそうをいっぱい食べすぎて(あげすぎて)
翌日具合が悪くなったこともあり、今年はいつも同じ病院の療養食。
サスケにしてみれば がっかり~だったことでしょう。

その分、飾り付けに力を入れました。
e0131506_10175462.jpg

まぁ、嬉しくもなんともないでしょうけど。。。


e0131506_10192763.jpg

ごちそうじゃなくてごめんね。
by thavasasis | 2016-04-06 10:22 | サスケのこと
line

犬と歩けば           ~サスケとくるみ~


by thavasasis
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite