サスケFC

tavasasis.exblog.jp ブログトップ

ありがとうございました。

私の愛しい愛しいサスケが旅立ってから10日が経ちました。

皆さま、サスケに温かいメッセージをありがとうございました。
おかげでサスケが15歳にもかかわらず、前日まで元気ではしゃいで
私達を笑顔にしてくれていた事が方が奇跡だったのではないかと
思えるようになりました。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。

寂しさや悲しみは日を追うごとに薄らいでいくものと思っていましたが、
そんなことはないんですね。
10日たった今、日に日に寂しさが増していくのを感じています。

それは時にさざ波のように穏やかであったり、
時に大きな寂しさの波が覆いかぶさってきたり、
行ったり来たりな波の中をアップアップしているみたいです。

サスケが恋しくなってPC開いては写真を眺めて、
眺めているうちにどうしようもない悲しみに襲われて・・・辛くなる。
そうなることを分かっていながら、また恋しくて写真を見る。
その繰り返し。
自分から悲しみの大海原へ身を投げているようなもの。

サスケを撫でたい・・・

サスケをクンクンしたい・・・

サスケを抱っこしたい・・・

そんな日々はまだまだ続きそうです。

くるみちゃんはまだサスケが居なくなったことを理解できていないのか、
毎朝散歩から帰ってくると、うろうろとサスケを探し回ったりしています。
e0131506_10412182.jpg
くるみが見ているのはサスケのベッドです。

私がサスケを想ってぼ~っとしていると、なぐさめに来てるのか、
体をぐりぐりと摺り寄せて甘えてきたりもしました。
ここ数年はそんなこと全くなかったのにね。

くるみも何か感じているのかな。寂しいのかな。
だって我が家に来たときからサスケはくるみのお手本で、
くるみは「サスケの真似をしてればいい」って育ったんですから。
お留守番の時も必ずサスケが一緒で,一人きりになるなんてなかったもんね。

これからはサスケの分も可愛がってあげなくっちゃ。。。
by thavasasis | 2016-11-17 10:56 | サスケとくるみのこと | Comments(0)
line

犬と歩けば           ~サスケとくるみ~


by thavasasis
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite